美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ビストロ・ド・ラ・シテ」
フレンチ/西麻布 ZAGAT25・18・19(2007)
03-3406-5475 港区西麻布4-2-10

西麻布交差点から一本中に入ったところにある1973年創業の老舗ビストロ。
日本のビストロの草分け的な存在。
キッチンのある脇を通っていくとそれほど大きすぎない箱でテーブル席が並んでいる。
店内には絵画やミシュランの本が飾られいていたり、ペトリュス、マルゴーといったワインの木箱を貼り付けたカウンターやボトルなども味を出していて、パリの街角にありそう。
最近新しい店舗ばかり開拓していた私にとって、見るからに使い込まれているそのお店は、ある意味新しい感覚をそして懐かしい感覚を引き出してくれる。

アラカルトのみのメニューでチョイス どれも濃厚でしっかりとした味付け
季節のテリーヌキャベツのピクルスを添えて
山羊チーズとトマトのサラダ カリカリのパンの上にとろけるチーズは独特の臭みを放ちながら癖になる。
P1010535.jpg

エスカルゴ ガーリックでこんがりぐつぐつ焼きあがっている
P1010537.jpg

真鯛のグリル オクラやインゲン、蛸などと一緒に 
しっかりと塩味の効いたそれは皮はパリパリ身は柔らかに仕上げている

鴨のグリル サラダ仕立てとソテーに胸肉とモモ肉を使い分ける
P1010546.jpg

内臓なども一緒にこりこりと
ソテーは栗のラビオリが甘みを鴨のソースがさらに包みこむ
P1010547.jpg

土曜日ということもあってか、かなりの年配のグループや夫婦の客が多く年齢層が高い。
それだけで、しっかりとこの地に足がついていることがわかる。
30年以上ここにあるのも、愛されている証拠。人々と共に歩んできたから。
タイミングよく出るおいしい料理とお店の空気を作り出すのはそこにいる人だったりする。

監視されているわけでもなく、気が利かないわけでもない邪魔しない関係。

「ほどよい放任主義」
「シュマン」
フレンチ/溜池山王
03-3568-3344 港区赤坂2-17-7

シュマン5周年パーティーに参加するため再訪。http://rierie312.blog61.fc2.com/blog-entry-237.html
P1010527.jpg

柴田さんの集めた400種のワイン・シャンパンからセレクトしたドリンクをたっぷりと。
和洋中用意された料理を堪能する。
シェフの氷の彫刻タイムがあったりしておもしろい。
P1010525.jpg

お腹をすかせて十分に楽しみました。
P1010523.jpg

ワインが好きな人が集まるこのお店。ワイン好きは食いしん坊が多いというが確かにそうかもしれない。
柴田さんとの会話でワインの知識をもらったり、さらにワイン好きになるのかもしれない。
赤坂に移りさらに発展を続けるフレンチはこれからも楽しみなお店の一つ。

ワインが人と人を繋げる。
「アーフェリーク白金」
フレンチ/白金
03-5449-0950 港区白金4-19-19

美男美女カップルの結婚式に御呼ばれしました。
学生時代に付き合ってた人と再会して結婚。
二人の空気が自然体だけに、多くのものを共有してきたことがわかる。
大邸宅のような門を潜るとプール付きのガーデン
素敵なシャンデリアに螺旋階段。
プールにも階段にもお花は全て赤井勝さんの演出。
ブーケも大きくて可愛いインパクトのあるものでした。
太陽光いっぱいに浴びることのできる会場は写真も綺麗に写るほど、清潔感もたっぷり。

鮮魚のムースをサーモンで包みイクラを添えて
季節のポタージュ
真鯛と茸のパータブリック包み
鴨胸肉のロティー
P1010147.jpg

デザートはブッフェがうれしい。とりすぎ食べ過ぎちゃった
彼女の、会話の広がりとバレーボールのレシーバーのようにどんなところから来ても受けられ着地できる仕事っぷりがいつも勉強になる。
きっと彼のことも、ちゃんと受け止め歩いていくんだろうな。

幸せになってね!
「シャトーレストラン ジョエル ロブション」
フレンチ/恵比寿
03-5424-1347 目黒区三田1-13-1

再訪http://rierie312.blog61.fc2.com/blog-entry-73.html
やはり、この建物にも、キラキラのスワロフスキーやシャンデリアにも圧倒される、ジョエルロブション氏のレストランの中でも最高峰ブランド。

今回はそのロブション氏のレシピを料理研究家の内坂芳美さんから学ぶお料理サロン。
特別メニューとソムリエが厳選したワインのマリアージュをとにかくたっぷりと堪能するもの。
アミューズブッシュ
とうもろこしの冷たいヴルーテ 伊達鶏のジュレにマドラスキュリーの香り
ポップコーンがかわいい。
CIMG1466.jpg

地鶏卵 香味パン粉をつけカリッと揚げ トム・ド・サヴォア、ヴィゴールハム (今回のレシピ)
パン粉はサクサクで中からとろーと卵とソース なんといってもサプライズがあるのが楽しい。
料理が運ばれるまで明かされなかったそれは、ソースの入ったスポイトが刺さっていて
自分でチュッと中に挿入するようになっていたのだ。こんな料理は始めて。
ハムはスペイン産の24ヶ月熟成で餌を与えていないので自分で探すため筋肉質とか
かなり旨みが凝縮されていてイベリコよりもおいしいと思う。
CIMG1471.jpg

熊本産タチウオ 胡麻付でポワレし、つるむらさきのソテーとアンチョビバターソース
黒と白のコントラストがまたまた綺麗
岩手山ハーブ豚 ゆっくりとグリルし万願寺とうがらしとポテトのコンフィを添えて
CIMG1481.jpg

巨峰のジュレ コクリコ風味のソルベと共に
ペッシュマリネし、ジュレとクスクス仕立てのグラスをのせて

サプライズがあるとテーブルもにぎやかになる。
シェフのアラン氏が影でみんなの反応をみて喜んでいるもの可愛らしかった。
作り手の遊び心がある料理は食べて楽しい。何かをしてあげようは、おもてなしで大切な心だから。
実際私がこれを作れといわれても困るけど、おいしくたのしい充実した時間でした。

幸せは笑顔の積み重ねだと思います。
「パレ・ド・バルブ」
フレンチ/新杉田
045-773-2981
0120-2981-73 横浜市磯子区杉田1-9-13

新杉田ラビスタの向かい側、国道16号線を挟んでローソンの2階にあるフレンチレストラン。
天井が高く開放感のある店内は大人数でも対応できるし、オーナーが好きな音楽の出来る空間。
ここでライブもしちゃうとか。
人気のある水曜限定スペシャルランチは赤字覚悟で提供。
懐石風の前菜 テリーヌやかにのブランマンジェなど
CIMG1412.jpg

スープ
パスタ このときはトマトとゴーヤ細い麺によくソースが絡んでいる
CIMG1413.jpg

鮮魚のソテー バターやクリームではなくコンソメを使うところに食べやすさと野菜の旨みを
CIMG1415.jpg

デザート ガトーショコラ、シャーベット、ブランマンジェ

子供から年配まで肩肘はらずに気軽にフレンチをということでお箸まで用意されているの、お箸でも食べられるような工夫がされている。素材にこだわり、産地まで行って選んだり、メリハリとバランスを大切にしている。
店名のバルブはあごひげの意味
おいしいもので人を元気に杉田を元気にしたいというあごひげのオーナー宮内さんが
いつも笑顔で私たちを迎えてくれる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。