美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「セラドン」
タイ/幡ヶ谷 ZAGAT19・15・16
03-5371-3223 渋谷区幡ヶ谷1-8-3

甲州街道沿いにあるタイ料理店。タイ人のご主人がホールにいて愉快な明るい会話をしてくれる。異国ムードたっぷりの店内に入ると
「アジアな香りがする」とアジア好きの母がわくわくしていた。
タイの現代作家による絵画。竹のテーブル。エメラルドグリーンのお皿はタイの青磁器セラドン。きれいに盛り付けられ刺激的な料理が楽しい。
鳥肉の包み焼き
CIMG6760.jpg

トムヤムクン
辛いものもあるが日本人好みの味の調整されているし、言えばアレンジもいろいろとしてくれるので、辛さがあまり得意でなければ先に言っておくのもよい
CIMG6761.jpg

カニのカレー炒め ふわふわ卵の中にカニがぎっしり
CIMG6764.jpg

グリーンカレー
CIMG6766.jpg

芋のプリン、タイのういろう
CIMG6769.jpg

「セラドン」はサンクリット語で緑の石という意味で緑色は幸福を導くとされいているそうです。
CIMG6765.jpg

「素敵な食器ですね」と言ったら、ご主人がチェンマイまで行って買い付けた時の写真を見せてくれた。一つ一つ手書きで作られているので少しずつ微妙に形が違って味がある。

肌つや、髪つやがあるように小物つやがある。
手入れをしているものとしていないものの差は歴然としてる。

ドキュメンタリー大賞をとったディレクターが言ってた。
「映像を撮るのはカメラマンだからね。俺がすごいんじゃないんだよ。
あるカメラマンで人一倍カメラを大切にするひとがいてね、その物を大切にする姿を見て、この人の映像は、絶対愛があると思ったんだ」

物を大切にする心っていろんなところに現れる。

小物つやを磨こう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。