美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「My Hunmble House Tokyo」
アジアンダイニング/銀座
03-5524-6166 中央区銀座3-3-1ZOE地下一階

新型サルーンレストランバー
銀座のZOEビルの地下にあるデザイナーズレストラン
大きな扉を開けるとバーカウンターとシックなグレーのソファー椅子にテーブル。生演奏の音楽が響いている。
奥には個室もあってシンガポールのスターシェフ・サムレオン氏のモダンチャイニーズ料理。
CIMG6461.jpg

生春巻きやサラダから始まって、地鶏のローストも肉まんの皮をパンがわりに食べる。とちょっとづつ変わったメニューが出た。

バブル期は大きな箱のお店が流行っていたという。それから味や質を求めるレストランへ。今はデザイナーズレストランがいろいろとある。
レストラン事情も時代によって変化するのは当たり前だ。
CIMG6457.jpg

ちょっと面白い話を聞いた。
男性に求めるものもバブル期と今では違うらしい。

よく言われていた
三高=高学歴・高収入・高身長は
三低=低姿勢(レディーファースト)・低リスク(安定した職業)・低依存(束縛せずお互いの生活を尊重)へ。

自分にとって居心地のいい相手といられればいいらしい。
確かに最近の女性は強くバリバリ働いている人も多いから。自分の生活を崩さない相手というのは大切かもしれない。
どちらにしても、全部あれば言うことなしだけど(笑)
「いい男がいない」というのは「夏が暑い」っていうぐらい同じような定義ですから、男性側も「いい女がいない」って思ってるのかもしれないよね(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
やばいですね~
写真の4人、素敵過ぎますね~
2006/09/19(火) 21:33:16 | URL | インドメタシン #JalddpaA[ 編集]
いつの時代も
全部とは欲張りですね(笑)。まぁそちらの条件が良いので仕方ないか。
でも本当はもっとシンプルなんじゃないでしょうか?例えば、砂場でトンネルを掘り合いっこして、砂の中で手が触れ合って心が温かくなるみたいな…。
(くるり岸田の記事↓が良かったのでパクリました)
2006/09/20(水) 22:08:54 | URL | ななお #-[ 編集]
素敵だと思うんですけどね~。誰も男性には縁がなくて困ります(苦笑)

たしかに~もっとシンプルなものですよね。
純粋な心が欲しいです(泣)
2006/09/21(木) 15:58:59 | URL | rie #-[ 編集]
へぇ~そうなんですか
三低っていうのがあるんですね
でもそんなことを望むから縁遠くなるのでしょうね
自分勝手我侭な条件ですよ
生活を変えたくないのなら結婚しないで仕事だけして
いればいいのに
もっと無償の愛ってどういうものか学んで欲しいものです
外見はよくても中身がたいしたことない女性も多いですからね
あなたは違うのでしょうけれど。
2006/09/26(火) 09:30:22 | URL | たか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。