美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「DIRITTO」
イタリアン/恵比寿
03-5350-6588 渋谷区幡ヶ谷3-55-2原ビル一階

シェフの坂内さんは「アロマフレスカ」「アロマティカ」のパスタを担当。家の近くにあるので前々からチェックしていたのだが、なかなか予約が取れず念願かなって美咲と一緒に。
吉本お笑いライブ→ネイルサロン→ディリットと女の子デートコース。

6号通り商店街の奥。タクシーで新宿からの場合は一通なので、中野通りから私の母校の小学校のそば東大付属の交差点を入ると右側に見える。
店内は細長く、オープンキッチンのカウンター。テーブル席が奥にある。地元の人がTシャツで来てたり、女の子同士が誕生日会を開いていたりと商店街というだけあってアットホーム。
席の数が少ないのもシェフの目と手が行き届く範囲を考えればベストだと思う。ディリットを楽しむコースをいただいた。
CIMG6279.jpg

旬をひとくち アボガドスープにコーンのしゃきしゃきした歯ごたえ
CIMG6281.jpg

本鮪のカルパッチョ 海草、水菜、トロロが絶妙コンビ
CIMG6282.jpg

鰯のスパゲティー 玉ねぎ、トマト、セロリ、レーズン、木の実など何種類も入った素材とサフラン 甘みと辛味が複雑に絡まっている
CIMG6283.jpg

手打ちは料理人によって個性が出るという。
ぷりぷりもっちりの食感がとってもおいしい
CIMG6286.jpg

ラガーネ 牛、豚すじのラグー 苦瓜添え
CIMG6285.jpg

均一ではないふぞろいの弾力ある麺が濃厚なソースとマッチ
CIMG6289.jpg

白金豚 旬の茄子添え ハーブやこしょうが程よくきいていて
噛むとじゅわーと肉汁が!
CIMG6292.jpg

ディリット風クレープはオレンジのソースをしみこませて
「かき氷始めました」という名前に惹かれて思わず注文。
桃の上に氷、ミントソースと練乳がかかっていた。

駅からちょっとあるけどわざわざいく価値あり店というのは重宝したい。「ディリット」は「真っ直ぐ」という意味

「この店名は真っ直ぐのおいしさを届けるという思いがこめられているんですけど、駅から真っ直ぐだから、そんな意味になってます 笑」
とお店の人は言ってた。

私は真っ直ぐ歩いてきたのかな。
生まれた街を離れてすごした4年間。
おしゃれも、おいしいものも大好きな私が女としても一番いい時期を東京で過ごさないなんてもったいない。なんていう女友達もいたけど、
人にはそれぞれ頑張り時があって、それを乗り越えた分だけ成長するのであれば

「近道じゃなかったけど、遠回りでもなかったよ。」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。