美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ロオジエ」
フレンチ/銀座 ZAGAT26・26・25
03-3571-6050 中央区銀座7-5-5

銀座並木通り「非の打ち所がない」と評価の高いフレンチ。
総料理長はジャック・ボリー氏からアトランタリッツカールトンホテルの元総料理長ブルーノ・メナール氏に。
MOFフランス国家最優秀料理人賞の称号を持つシェフ

照度・輝度の高いまぶしい階段を上がったメインダイニングはそれほど広くはなくグレーのソファーに白いクロス。鮮やかでモダンな絵画と青緑の光を放つ置物などが飾られている。思ったよりも照明が明るくオレンジではない。料理の色、相手の顔の色がしっかりとわかる。

アミューズ+前菜+スープ+魚+お肉+フロマージュ+デザート+プティーフルール 
かなり盛りだくさんの内容。
CIMG4908.jpg

キャビアに生雲丹のムースきゅうりのジュレは、キャビアに雲丹なんていえば大人な素材なのにこのキュウリが青臭さを出し現実感をいい意味で引き出してくれる。あつあつのスープの中からパセリのフランが出てきて白の中から鮮やかな緑が楽しい。
CIMG4910.jpg

帆立貝のポワレ シトラスフルーツのブイヨン野菜のジュリエンヌ
コリアンダーがきいててぷりぷりの帆立。ものすごくおいしかった
CIMG4916.jpg

フランス産仔鳩のロティー弾力があり身がしっかりしてる
デザートはチョコミントのタルトとチェリーピスタチオムースのパイをそれぞれチョイス
デザートワゴンは楽しさアップ
CIMG4925.jpg

お菓子箱というか、昔の駄菓子屋さんに行ったときの子供心というか、わくわくする。あれもこれも選びたいがかなり満腹状態なので切ない。
デザートだけでも食べにきたい。
食べきれなかったマカロンなどは帰りにお土産にしてくれた。
CIMG4924.jpg

サービスはやはり良い。洗練されていてもきどらないスタッフがいろいろと対応してくれるし、テーブルに対してかなりの人数がいるので
目配り、気配りができる。「ロオジエ」の一員としての誇りもあるのだろう。
そして味、見た目ともに一皿の量がそれほど多くなくても
しっかりと主張していて存在感があることに驚いた。

前の会社の尊敬する先輩が

「アナウンサーとは

言葉なしでも語っている人
存在感そのものが何かを伝えている人」

と言ったのを思い出した。アナウンサーって言葉を操る人かと思っていたけど、もっともっと奥が深いものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。