美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「魚豆根菜やまもと」
和食/恵比寿 ZAGAT22・21・20(2008)
03-3280-6630 渋谷区恵比寿2-12-16

恵比寿東口から白金のほうに歩いて10分ほど。恵比寿郵便局の先にやまもとの看板。
ビル一階にある小さな和食店は週末は予約でいっぱいだが、たまたま運よく入れて再訪。
http://rierie312.blog61.fc2.com/blog-entry-178.html
カウンター中心のこのお店は、食材と料理人と向き合うことから始まる。

前菜 花豆、牡蠣のゼリー、セニョーラブロッコリー、つぶ貝、蕪、小松菜
P1020446.jpg

ウマヅラの揚げ物
旬の野菜と人参のスープ 色鮮やかで野菜の旨みが凝縮
P1020450.jpg

金目鯛の焼き物 脂ののった大きなカマは贅沢にじっくり焼き上げ最高の状態に
P1020452.jpg

箸休め まぐろ、大根、牡蠣の味噌煮 それぞれ一種類づつしか置いていないお酒もぐぐっとすすむ
P1020454.jpg

旬野菜の鍋 イタリアミラノ大根、下仁田ネギ、天然なめこ、赤カブ、かぼちゃ、人参、蓮根、玄米、車麩など 
一日に30品目というが、これだけの野菜を家では食べられない。なんて美味しいんだろう。
P1020455.jpg

小豆と玄米のおかゆ 鯛めし
P1020456.jpg

柿と洋ナシのジュレ 和三盆の黒蜜で

BGもなく外の世界とさえぎられたような空間は、お茶室のように人を素に戻し、ゆっくりとした時間が流れる。
そして香りや音で五感を刺激し、となりの人との会話が弾み、次々と運ばれるお皿に舌鼓。
ほっこりと温もりを感じでお腹がいっぱいになる。

「ぬくもりとは、体温ではなく心の温度」と読んだ小説に書いてあった。

心の温度は伝えてますか?

心の温度は伝わってますか?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントありがとうございます。
あまりにもいろいろなところに食べに行くので、記憶を記録したくて始めたブログです。
楽しんでいただければ幸いです。N氏もたまに登場しますので(笑)
ミシュランは業界ではかなり評判悪いようですが経済効果もあるみたいだし、それで若いシェフが刺激になればいいと思いますよ。
でも、読み物としてはもっとわくわくするような本にして欲しかったですね☆
おいしいお店発見したらぜひぜひ教えてください!
コメントもおまちしてます!
2007/12/15(土) 23:51:59 | URL | rie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。