美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「酉玉」
焼鳥/広尾 ZAGAT22・16・16
03-5795-2950 港区白金台6-22-19

恵比寿3丁目の交差点のすぐのところにある黒い扉。
足元だけ見えるガラス窓が店内へと導いてくれる。
人気が予約が取りずらいと評判のホルモンがおいしい焼鳥屋はすぐ近くに別館もある。
厨房を囲むようにコの字のカウンター。
目の前ではもくもくと煙を上げながら一本一本丁寧に焼き上げていく。
お酒の種類も豊富でたのしい。
シンプルなサラダ、こんにゃくキンピラ、がつ、背肝(腎臓)、べら、(十二指腸)…
P1000286.jpg

ちょうちん、きんちゃく(ホルモン)、みさき(メス鶏のテール)…
P1000284.jpg

中には、「心残り」という心臓に近い部分も
P1000288.jpg

めずらしい部位を出してもらいながら、おもしろい名前に感心し、感嘆し。
ここは産地こだわらず、問屋にまかせてその時に一番いいものを、熟練のプロにさばいてもらい提供するという。
ホルモン系は新鮮が一番だ。

ホルモンの語源は関西弁だといわれているそうだ。
捨てるの意味の「ほおるもん(放る物)」が派生して。
関東のひとに「ほっといて」なんて言ったら、そのままに「放置」してしまうが。
ホルモンは捨てるものだったが、こうやって生かすことも出来る。無駄ではない。

最近経験に無駄なものはないと思うようになった。
たまには無駄なものも大切にする。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
のりしろ
無駄だと思ってた余白がのりしろになったりもするから…
人生は捨てることナシと思った方が良さそうですね。
2007/12/06(木) 00:29:54 | URL | nanao #-[ 編集]
nanaoさんへ
のりしろね。
おもしろい発想ですね。余白が必要なこともありますよね。
間違って切らないようにしなきゃ。(笑)
2007/12/06(木) 09:11:47 | URL | rie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。