美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「RUENNO SUGAWARA」
フゥージョン/表参道
03-3409-6828 港区南青山5-12-6

青山骨董通りからニッカウイスキーのビルの前の道を入ってすぐ。
地下に降りると14席とこじんまりしている店内にオープンキッチン。
白い壁に本が絵画のように飾られているくらいであくまでもシンプル。
今回は美咲の転職祝い。
そのことと、値段を言うとメニューを組み立てて自宅までファックスまで送ってくれるという丁寧な対応。「何でも言ってください」というおもてなしの心にも感動。
ここはカリフォルニアキュイジーヌの第一人者として知られる菅原健二シェフの多国籍料理のお店。
ルエノとはピーマンにカニやエビを詰めたメキシコ料理。
ぎっしりと中身の詰まったその料理に充実という意味を込めているそう。

モッツァレラチーズのタッペナード チェリートマトソース
濃厚なチーズはみるくの香り粗くつぶした黒オリーブソースがアクセント
CIMG0367.jpg

クリスピーに揚げた鴨のサラダタイ風ハーブのヴィネクレット
アジアンな香りたっぷりネギやにんにくの芽と
雲南プロシュートとエビのスパゲティーニ
鮮魚のソテートレビスのサルサ カリッと焼いたお魚は肉厚
食べたことのない新しい味・素材の組み合わせなのに、一皿一皿「おいしい」と声があがる。
オリジナルでありながらちゃんと調和されているんだろうな。
独創性ある豊かな料理は今日の主役にぴったり。
300倍という難関を突破した彼女を見ていると、本当に型にはまらず、
いろいろな切り口が見えてくる。
これからの彼女も楽しみだ。

アナウンサー試験でつくづく感じてきたことは、
1000人の中の10人に入るより、100人の1人になることのほうが同じ確立でも難しいということ。
そこには運とか縁とかいろんな条件をクリアしなきゃいけないし、
でも最終的にはその人の持っている

「笑顔と可能性」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。