美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「BEIGE TOKYO」
フレンチ/ 銀座
中央区銀座3-5-3シャネルビルディング10階 03-5159-5500

「ベージュ」とはシャネルを代表するシンボルカラー。
ベージュという色がついているレストラン。カラーを勉強する私としては興味のあるお店。
なんといってもあのアラン・デュカス氏とシャネルのコラボレーションなのだ。シャネルをイメージした料理も提供されるという。

銀座シャネルビルの10階にあるこのレストランは入り口からわかりにくい。ビルの脇にある専用のエレベータで上へ。
まずはソファー席で食前酒を。テーブルが金箔でちょっと不安になってきた。ただゴージャスきらきらで料理がいまいちというのはよくあるケース。

テーブル席についてホット一息。
やはりベージュをベースにされているだけあって洗練されたというのがよく合う。窓の外には東京タワー。反対側にはホテルマンダリンが見え銀座の夜景をうまく調和させている。
いすはシャネルの生地をつかったやはりベージュ。
テーブルクロスはベージュではなくペールピンク。
白を使わないところにやわらかい明るさを感じる。

コースはアミューズブーシュ+3品または4品+チーズ+デザート

グリーンアスパラガス デクリネゾン マルテーズ風
アスパラガスのソースとオレンジのソース。アスパラガスの食感を残しながらオレンジの甘みと酸味が混ざり合う。ムースが品があり口当たりがよい。
20060406220243.jpg
20060406220317.jpg

黒トリュフ
ホタテにカリフラワーのソース。真っ赤なお皿に白い素材がよい映える。

黒オリーブをピケした的鯛
鯛の中にオリーブをつめて焼き上げた。オリーブ好きの私には新しいすっごくおいしさ感動!
20060406220518.jpg
20060406220431.jpg


仔羊のロースト
仔羊でもいろいろな部分を出してくれるのはたのしい。

チーズ
おなかがいっぱいでなければかなりこれは贅沢。
チーズと合わせるソース、ドライフルーツなどがいろいろと楽しめる。
ワインとともに!
20060406220602.jpg

デザート
「カレ・シャネル」ショコラプラリネ
濃厚なチョコ。金箔がゴージャス。最後にやっぱり金で締めるところは抜け目ない。
すべてのデザートがおいしく手を抜かないところはさすが!
クッキーサンドもマカロンのようで素晴らしい、桜のマシュマロの粋!
20060406220808.jpg20060406220929.jpg
20060406220733.jpg


料理は外人にも好まれそうなわかりやすい味。けど目にも鮮やかで工夫がされているのがよくわかる。
料理はやはり思ったとおりおいしいに違いない。お土産にマカロンをもらった。

でも一番の収穫は
ベージュの色調は人を和ませるというのがわかった。
最近は白とか、重厚な茶が多い中で、柔らかいベージュは料理を引き立たせ、人に安らぎを与える。
斬新な料理が出てきても、金箔がたっぷりな料理でも肩肘はらずに
ゆったりとした気持ちで受け入れ、楽しめるのは
このベージュと東京の夜景も料理の一部なのかもしれない。
20060406221031.jpg



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。