美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「賛否両論」
和食/恵比寿
03-3440-5572 渋谷区恵比寿2-14-4

予約の取れない和食屋さんで有名なここのお店は、コストパフォーマンス高し、味、量、空間ともに評判。店主の笠原さんは名料亭で修行されたという。
静かな住宅街にポッと灯りがともされていて、中に入るとカウンター10席と半個室一つ。
遅刻していった私にも次々と料理が運び込まれる。
アスパラ豆腐
白魚、新じゃがの揚げ物 衣がサクサクでおいしい
CIMG8966.jpg

お椀は湯葉のすり身 上品でほっとする味
CIMG8969.jpg

桜海老、ホタテ、蛍烏賊の燻製 ホタルイカの臭みが苦手というひともいるけど燻製なら絶対いける
CIMG8971.jpg

鯛のみそがけ 器がバナナのような形でかわいい
大山地鶏の燻製焼き みずみずしく甘い春キャベツとアクセントのふきのとうがよい
CIMG8978.jpg

わかたけ煮 これを食べると春だなぁと実感
CIMG8980.jpg

じゃこのお茶漬けと燻製したたくわん、ほおづき、チーズ
さらっといただけるお茶漬けは大きくなったお腹にも大満足
最後のデザートは好きなだけって、そう言われたら全部注文しちゃいました 
大葉のシャーベット・パイナップル白ワインジュレ・あんみつ・きなこアイス・とり将プリン(とり将とは武蔵小山にあった昔の店名らしい 
CIMG8987.jpg


全10品とかなりもボリューム。これで5000円というのは、予約が取れないのは納得です。
ちょっと変わった名前も人の心に残り一度聞いたら忘れないからなのかもしれません。

―賛否両論
人の前に立つ仕事、あれこれ言われるのはしょうがない。
それこそ、話し方だけでなく、衣装、メイク、しぐさと細かいところまでチェックが入る。
入社したてのときは、すべて聞き入れパンク寸前だったときもある。
7年目。自分のスタイルを確立しつつ、むしろ今は言ってくれる人に感謝することが多い。
人の意見も評価も素直に受け入れたいと思う。

仕事も、恋愛も同じ
「好きの反対は嫌いではなく無関心」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
本当、最高のコスパだったね☆
また行きたい店リストに速攻追加です。

賛否両論。
確かにこの歳になると、言ってくれる人の方が貴重だよね。
素直に受け入れる姿勢、見習いたいです。
柔軟さが欲しい今日この頃・・・。
2007/05/03(木) 05:56:01 | URL | romi #.XrgyM4A[ 編集]
ろみはちゃんと柔軟性あるよ。
というか、人をちゃんと見てるから大丈夫。
でも、この歳になるとぬるま湯に浸かってしまい、なかなか見えなくなるから、私の場合は少しでも人の話を聞かないとって思う。
気付いたらいつでも言ってね。
2007/05/03(木) 16:59:26 | URL | rie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。