美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シシリア」
ピザ/関内
045-671-0465 横浜市中区相生町1-7

先輩と先輩の彼と奈緒とみんなで会社近くのおいしいピザ屋へ。
彼のお店でもはや必需品となっている眼鏡を購入して以来
ずっと行こうと言っていたご飯会をやっと実現!
青いテントにクリーム色の壁。安くカジュアルな雰囲気の中で食べてもらいたいと釜を囲むようにコの字のカウンターとテーブル3席。
入り口横には積み上げている薪、釜の前にはTシャツ姿の小笠原職人が真剣勝負で格闘している。
生地を伸ばして石釜に入れコテを使ってクルクルと巧みに回転させたりリズムカルに移動させたり、仕上げに板をふわっと動かし絶妙な火加減で焼いていく。後姿は独特の世界観を持っている。
ゴルゴンゾーラのサラダ オリーブ 生ハム
マルゲリータ プチトマト トマトだけのピザなのになんでこんなにおいしいんだろう薄焼きだけど外はパリッと中はもっちり
CIMG8628.jpg

ここの厨房はあるのは釜だけ。なのでパスタや煮込み料理はない。
トマトソースも釜で溶かす。400度で瞬時に沸かすと味がしまり酸味が残るので生のフレッシュ感が出るそう。
クアットロフォルマッジスペシャル 4種のチーズはゴルゴンゾーラ、モッツァレラ、パルミジャーノ、ゴーダチーズ
シチリア トマト、アンチョビ、ケッパー、オレガノ
CIMG8630.jpg

「ザ・職人って感じだよね」と三崎さん。お客さんに愛想を振りまいたり、余計なおしゃべりもせず黙々を作り続ける集中力。こんなに近くにいながらその空気がお客さんにも?と思いきや正反対。
誰もがにこにこ顔でピザをほおばっている。
このピザを食べに遠くからくるお客さんが来るのも納得。安くておいしい。
一人一枚はペロッといけちゃいます。
CIMG8624.jpg

マニュアル化できない作業が大部分のピザ職人。
どんなにすごい薪釜や生地やチーズがあっても
腕のいい職人がいなければいいピザは生まれないそう。
とことん突き詰める職人。
私の技術はまだ職人とは言えない。

「技は人なり」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最初の2枚が3月で、後が10月です。 関内駅から5分程度のところにある、
2007/04/15(日) 13:09:59 | lafinmemo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。