美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「七草」
和食/下北沢
03-3410-2993 世田谷区代田5-1-20

下北沢西口から線路沿いに歩いて5分ほど。普通の民家のようなたたずまいだが、半地下に降りていくとぽっと明かりが灯されている。
カウンターとテーブル席2つに小上がりが一つ。落ち着いたカップルなどがゆっくり食事を楽しんでいる。
店主の前沢リカさんはOLから料理人になった方で、野菜を主役に豆や乾物など選びぬかれた旬な素材そのものの味を大切にした料理を提供している。
おまかせコース(全9品)
お皿や盛りつけにもこだわりがあり、目にも鮮やか
一口一口食感、香り、シンプルの中に芯がある。
蚕豆のすりながし
桜ご飯、お麩、蚕豆の白和え、大根のなます柚子、卵焼き
蕎麦の実と花ワサビのお浸し
CIMG8847.jpg

山芋だんごと筍岩のりスープ ジャガイモのようにホクホク崩して混ぜて海と山の融合
CIMG8849.jpg

高野豆腐、かんぴょう、タラの芽、わらびの炊き合わせ
CIMG8850.jpg

利休麩とインゲンの胡麻和え・スナップエンドウ
CIMG8852.jpg

大豆と豚バラの味噌炊き しっかりした味付けにご飯が欲しくなったときに出てくるお米とふきのとうの味噌汁にお漬物が嬉しい
CIMG8853.jpg

雪の結晶のような寒天は玲龍豆腐
CIMG8854.jpg

自然の恵みを頂いていることに改めて感謝する。そんな一皿ごとに、こんな風にお料理が出来る女性になれたら素敵だなと思っていると前沢さんの書いた本「野菜をどうぞ」を発見。
CIMG8856.jpg

早速購入すると「料理のことでわからないことがあったら、いつでも電話してくださいね。」と。
本を開くと、素朴な料理が並ぶ。優しい味なのに旬の味をしっかり捉えているのは昆布や鰹できちんと丁寧にひいた出汁や、ひと手間かけた工夫がなされているのがよくわかる。

ほんのちょっと加えるだけでプロの味
ほんのちょっと考えるだけでプロの技

「少し丁寧に生きてみよう」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
体に良さそう
料理を通して、人に「少し丁寧に生きてみよう」 と考えさせる影響力って凄いですね。 でも、お料理の写真を見ていて、わかるような気がします。

2007/04/16(月) 16:45:26 | URL | kacyaman #-[ 編集]
身体の中から浄化された気がしました。
身体にいいものを食べるってきっと大切ですよね。
その一つ一つが私をつくっているのですから。
積み重ねですね。何事も。
2007/04/16(月) 22:06:24 | URL | rie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。