美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「魚豆根菜やまもと」
和食/恵比寿 ZAGAT24・23・19
03-3280-6630 渋谷区恵比寿2ー12-16

恵比寿東口郵便局の近く「やまもと」の暖簾をくぐると白い玉砂利が敷き詰めてある飛び石。
2メートルもないその空間が日常の喧騒から一気に引き離してくれる。
頭をかがめて潜り戸を入るとカウンター12席とテーブル席が一つ。
綺麗な白い木目のテーブルが温もりを感じる。

魚豆根菜という名がついているだけあって、天然もののお魚、有機栽培の豆、野菜、根菜、穀物。
「生活習慣病を気にする人のために」という割烹とお寿司屋で修行した山本哲さんは体に良いものを美味しくを追究した方。どのお皿にも全て豆が使われているところも面白い。

野菜の温スープを食前酒のように小さな器で
前菜 蚕豆、菜の花、にんじんゼリー黒胡麻ソース、いわしなど
CIMG8343.jpg

お造り 〆サバ、烏賊、金目鯛は燻したお造りを柚子胡椒で頂く。
脂の焦げ目も抜群でふわっと広がる香ばしさもよい
CIMG8345.jpg

呉汁 蓮根、ごぼう、サトイモなどのコクのあるお汁
CIMG8346.jpg

焼き魚 鰆は春の魚と書く脂がのっていておいしい
CIMG8347.jpg

珍味三種
小鍋 春の小鍋というくらい筍などの春野菜やおふ、玄米などが入っていて、ふきのとうのみじんぎりが苦味のアクセントになっている
CIMG8350.jpg

湯葉と岩海苔のおかゆ
優しく体に染み入るような味 一口食べて「あーほっとする」と思うほっこり心までが優しくなる。
デザートはRueFavertでタルトタタンとモンブラン
CIMG8353.jpg

口からいいものを身体に取りいれると、心まで綺麗になった気がする。
そういうときはプラスの言葉が出てくる。
言霊という言葉あるようにポジティブな言葉は心を明るくする。
聞く相手はもちろん、自分に対しても。
発した言葉を一番最初に聞くのは何よりも自分だから
いいものを取りいれ、美しい言葉を発しよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「魚豆根菜やまもと うおずこんさい(和食)〔恵比寿〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「魚とお...
2007/08/17(金) 21:44:49 | ブログで情報収集!Blog-Headline/food
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。