美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「東京フロインドリーブ」
パン/広尾
03-3473-2563 渋谷区広尾5-1-23

神戸店の創業1924年、ドイツ仁ハインリッヒ・フロインドリーブ氏が開いた姉妹店。

ドイツといえば、ライ麦パン。レンガ釜で焼くライ麦90パーセントのポンパニッケルはずっしり、しっかりした深みのある味。
時間蒸し焼きにすることで弾力が出るとか。
ハードトーストは外はカリカリ中はふんわり
CIMG8016.jpg

牛乳、砂糖などを使わないということで粉自体のおいしさを噛み締められる。
ハードということだけあって、フランスパンのようにしっかりしたクラスト。

ライ麦のカナッペを発見。酸味のきいたパンはクリームチーズはジャムもいいけど、ほうれん草の胡麻和え、蓮根のキンピラを一緒に頂きました
CIMG8020.jpg
創当時から変わらない伝統の製法を守り作り続けているという。
なかなか当時は酸味のあるパンは受け入れられなかったかもしれない。でも今は固定客もしっかりついてファンも多い。
最近は天然酵母などが見直されているし、新しく懐かしい味なのかな。

確かにファッションも
古着やレトロなものをどれだけ新鮮に着るかが楽しかったりする。

今までとは違う角度で見てみたら、新しい形が見えるかも。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハードトーストの美味しさの秘密とは何なのか!!エッ!?私でも作れるの!!ンマ~!
2007/03/01(木) 16:28:20 | パンレシピ.navi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。