美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「シェ・アズマ」
フレンチ/代官山
03-5458-0300 渋谷区猿楽町2-13

「イル・ド・フランス」「ル・コンセール」などの料理長を務めた東敬司シェフは料理の鉄人でも勝者となったこともある方。お店には写真が飾られている。奥代官山にあり、近くにタツヤカワゴエがあるこの場所はそれほど人通りは多くはないのに、このお店はお客さんでいっぱい。
空いたワインボトルや絵画・雑貨などが飾られているがそれほどゴチャゴチャと見えないのは目線よりもかなり高い位置にあるからなのだろう。
パリにもこんなビストロがありそう。

豚のリエットとパン
オニオングラタンスープ ここに来たら必ず食べたいメニューの一つ
一人前に玉ねぎ1個弱使い焦げ目がしっかりとつけている。甘い玉ねぎたっぷりで濃厚「時間をかけて引き出した甘みだね」と
CIMG7877.jpg

りんごとフォアグラのテリーヌ カルバドスソースがかかっていて甘さと酸味を合わせた
なめらかな優しい味わい 女性受けしそう
CIMG7878.jpg

鴨のコンフィー お肉の中までしっかり味が染みこんでいる ぱりぱりの皮もおいしいくナイフを入れるとほろほろと崩れるほど柔らかい。
CIMG7881.jpg

カレイのソテー アーモンド木の実トマトペッパーソースなど塩・オリーブオイルたっぷりでいろいろな味が複雑に絡んでいる
CIMG7882.jpg

りんごのタルト&ブランマンジェ
CIMG7883.jpg

最近名前が店名になっているとことが多い。わかりやすいということもあるのかもしれない。
料理よりもシェフ。ケーキよりもパティシエが注目される時代

私たちもそう。顔が名刺となる。
どんなに小さくても個人事業主。
名前や肩書きが一人歩きしないように、しっかりと私も実力つけなきゃ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。