美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Cogito」
フレンチ/六本木
03-3796-3838 港区西麻布3-2-15

Merry Christmas!!
「アルモニ」「マルシェ・オーヴァン・ヤマダ」で有名な山田氏とスタッフや自らタイル張りまでを手がけたという夢の一軒家。
六本木グランドハイヤットの向かい側に「あら、こんなところに」という驚きの場所にある。
アールデコのランプやアンティークの家具、飾ってある小物もかわいい。テーブル席は近いがこじまんりしているムードが逆に出るかも。
この日はクリスマスディナーコース。
うにをのせたなめらかなにんじんのムース コンソメジュレがけ
CIMG7524.jpg

ズワイガニと帆立のタルタル香草風味
完熟アボガドとくるみオイルのビネグレット
CIMG7525.jpg

とろけるフォアグラのフランにフォアグラのポワレ
オニオンヌーボーのクープ ナージュ仕立て これはまさに絶品!
CIMG7526.jpg

パートブリックで巻いた手長海老のクリュスティアン 帆立のポワレ ジュ・ド・クリュスタセ

蜂蜜エピスをまとったシャラン産カモのロースト
グロゼイユのクーリー黒トリュフを添えて
苺サンタのショコラムースと三種のベリー
サンタさんがすごいかわいくて感動!
CIMG7532.jpg

ワインもおいしくてどんどん進んじゃう。
CIMG7534.jpg

この日は山田氏自らがサーブ「後で地下に行ってみますか」と意味ありげに連れて行かれた部屋には、セラーとシガースペース。
そして7000千本のワインに圧巻!
「このために作ったお店といっても過言ではないですよね」というと笑顔が返ってきた。
2階にはシェフズテーブルがあったり大人の遊び場のよう。

今年オープンしたというのに、ずっと前からそこにあるような風格はなんだろう。きっとそこには人の手の温もりがあるからかもしれない。安心して落ち着ける場所や人。
CIMG7520.jpg

クリスマスプレゼントには香水を。
ギリシャ神話に登場する「エンディミオン」。パートナーフレグランスの月の女神「アルテミジア」が好きで好きで月の王様にしてしまったという香り。
二つの香りは共存するんだって。依存ではなく共存。

「場所や人や時を共存し、共有していこう。」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいですねぇ。
香水も素敵なチョイスです。
仮に使わないにしても、そこにある物語が大事なんですよね。
2006/12/28(木) 00:34:24 | URL | nanao #-[ 編集]
そうそうstoryですよ!大切なのは心ですから(笑)
2006/12/30(土) 19:30:43 | URL | rie #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。