美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「リストランテ タニーチャ」
イタリアン/西麻布
03-5775-6050 港区西麻布1-5-16

西麻布交差点から少し路地にある隠れ家的なイタリアンレストランは北イタリアピエモンテの料理が楽しめる。
ちょっとわかりずらい場所にあるが、このあたりもグルメなお店が点在している。
ビルの一階にあるここはウッド調の壁に小さな窓が。
こじんまりした店内で扇形の内装。真ん中の太い柱がそれぞれの席を隠す。
ジャズが流れテーブルにはろうそくの灯り。
アミューズ いちぢくとイベリコ豚、チョリソ
前菜 ちゅら豚サラダ仕立て
小さなパスタ 人参の葉とアンチョビのパスタ
アニョロッティーニ タニーチャ風 仔牛、兎、鶏、豚などの肉と野菜を何時間も煮混んだものをミンチし、餃子のように包む
さすがに旨みが凝縮され、まろやかなソースによくからむ
P1020213.jpg

2種のカラスミパスタもカカオを練りこんだラグーソースパッパルデッレも美味しい
スズキのソテー ゴルゴンゾーラとユリ根
P1020221.jpg

りんごのミルフィーユ仕立て
サツマイモのブランマンジェ
P1020226.jpg

プリフィクスが5250~とリーズナブルだし、メニューは一つ一つ説明してくれ目配りも行き届く。
じっくり煮込んだアニョロッティーニはシェフのスペシャリテ。
スペシャリテを何にするかで、その人が見えるとも言われている。

「あなたの強みは何ですか?」
スポンサーサイト
「クリームパン」
日本のパンといえば、昔はあんパン、ジャムパン、クリームパンだった。
P1020195.jpg

クリームパンは中村屋が最初だったと言われている。
グローブ型にしたのは、ジャムパンと区別するためとも、中の空洞を防ぐためとも定説がある。
カスタードも手作りのクリームパンは、オーブンに入れるまでかなり忙しい。
こねて、発酵している間にクリームを作り、成型してと。
パンにクリームをいれ焼き上げカオたち。一つはじけてクリームが出てしまった、落ちこぼれ。

頑張っても結果がうまくいかないことはある。
この間、夜遅くまで実況資料を作る先輩に言われた。
「一所懸命やらないと、つまらないじゃない」
P1020197.jpg


そう、一生懸命やるから楽しい。
はみ出しても笑ってるじゃない。
「パルテノペ」
ピザ/恵比寿 ZAGAT23・17・16(2008)
03-5791-5663 渋谷区恵比寿1-22-20

広尾に本店があるナポリ教会認定のパルテノペはやはりもちもち焼きたてのピザが美味。
恵比寿店は東口ZESTの近くにあり、いつもにぎやかだ。
窯のあるキッチンを囲むようにぐるっとテーブル席があるので、入り口から見るより
意外と広いかもしれない。リーズナブルだし、カジュアルな店内なので、みんなでわいわいも楽しい。
温野菜のサラダ
前菜の盛り合わせ
ゴルゴンゾーラのペンネ
マルゲリータとキノコのピザをハーフ&ハーフで
P1000257.jpg

いろいろな種類が食べられるハーフ&ハーフは好きだ。
人もモノも一緒。

「分け合うことで、楽しみを二倍にする」

「山のホテル」
ホテル/箱根
0460-83-6321 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80

1947年創業のクラシカルホテル山のホテルは、この地に三菱岩崎男爵が別邸を建てて始まったという。箱根芦ノ湖半にあり、4万5千坪の庭園に壮大なつつじが咲くことでも有名な場所だし、緑豊かな時期も、秋の紅葉もはずせない。
P1010924.jpg

部屋からは全室芦ノ湖を一望でき、お天気のいい日は富士山も見える。
シックな客室は真っ白なカバーが清潔感を。専用の桟橋から遊覧船に乗ることが出来る。
P1010947.jpg

その1階にあるレストラン「ヴェルボワ」は、地場野菜や沼津漁港で揚がった鮮魚、やまゆりポークなど地元の素材がふんだんに生かされた吉松シェフの料理が堪能できる。
やまゆりポークのリエット 栗のサブレと木の実添え 
しっとりとした塩味のきいたサブレに濃厚なリエットをたっぷりつけて
P1010948.jpg

紫芋のポタージュ カプチーノ仕立て なめらかな舌触り
特選牛ロースのポワレマスタードとぶどうのポートソース
年配のお客さんも多いこのホテルでは煮込み料理を出すことも多いそう。
牛ロースを何時間もかけて柔らかくし、旨みを凝縮させて見込まれたクリームソースは絶品。
P1010955.jpg

ガトーショコラ デザートも見た目にも美しい
P1010957.jpg

クラッシックなホテルだから、古典的な料理を楽しんで欲しいというシェフの思いがそこに。
そして、最高の調味料がこのロケーション。
さわやかな風。小鳥のさえずり、新鮮な空気に五感が目覚める。
日常の喧騒を離れそんな空間に身を起き、お腹も心も満たされるゆったりとした時間を過ごすと、
自分が意外と疲れていたことに気付く。

「時には肩の力を抜いて、時がゆっくり刻まれるのを体で感じる」


「小作」
ほうとう/山中湖
0555-62-5391 山梨県南都留山中湖村山中234

紅葉が綺麗な山中湖へ。山梨に何店舗かあるようだけど、ほうとうが食べたいと言ったら紹介してくれた。
P1020098.jpg

全席お座敷で、かなり広いけど、混んでいる。大きなテーブルに相席で座る。
かぼちゃほうとうを注文。
土鍋でぐつぐつやってくると、具沢山。麺は太くもっちもっち。
おとなりの夫婦も「この量はすごいね。食べても食べてもなくならないよ」
確かに。甘いカボチャがごろっと入ったそれは、お腹にもたまるし身も心も温まる。
P1020092.jpg

甲州名物といえば、信玄、ぶどう、ほうとう。
このあたりの日常食のほうとうは、武田信玄が野戦食として用いた郷土料理。
そうだ、腹が減っては戦はできなかったわけだ。

元気が出ないときはお腹を温まればいい。

空振り三振をしても、見逃し三振はしたくない。


「シュトーレン」
ドイツのクリスマスパンは保存食。
一週間かけて少しづつ食べるため、低温でじっくり、水分を飛ばして焼き上げる。
ドライフルーツなどをたっぷり入れる甘いパン。
P1010909.jpg

ごろんとした大きなパンは毛布や寝床のイメージ。
赤ちゃんのおくるみとも。そう考えると可愛く、温かいぬくぬくした気持ちになる。
<あちこちにクリスマスの飾りやイルミネーションが始まった。
この時期、街は華やかににぎやかになる。
その一方、なんだか周りに急かされた気持ちにもなる。
パン教室があるミッドタウンも切子ガラスをイメージしたツリーとLEDのブルーの絨毯が。
P1020235.jpg

青のイルミネーションは、血液の流れをゆっくりにし、鎮静作用、リラックス効果が。
お疲れ気味の人にはおすすめの色。

最近疲れていませんか?
「グレイス」
韓国/麻布十番 ZAGAT19・8・12(2008)
03-3475-6972 港区麻布十番1-7-2

鳥居坂下近くにあるサムゲタンのお店。
胃の調子がよくないんだよね。と言ったもぴーのために、今日のご飯はここに決定。
喫茶店のような、韓国の町の食堂のようなそっけない店内は本場らしいといえばそうかもしれない。
美容と健康の強い味方のサムゲタンはもともと王朝料理でいまでは韓国の食卓にも欠かせない。
市場や屋台に行くと、サムゲタン用の鳥がずらずらっと並んでいるのに始めは驚いたものだ。
レバ刺しとコース料理を
人気の韓国風冷奴
P1020017.jpg

ちぢみ、明太子サラダ、レバ刺し
P1020020.jpg

サムゲタン 若鶏の中に朝鮮人参やなつめなど薬膳ともち米をたっぷりつめてことこと煮込み、
にがみと、まろやかさと、でもあっさりしているスープが美味。
最後に石焼ビビンバで〆ればお腹もいっぱい
スプーンをいれると崩れるほど柔らかくなったサムゲタンは、骨ごとまるごと入っているので
軟骨も、皮もそのまま、コラーゲンたっぷり。また、薬膳からあふれ出す複雑な味わいや朝鮮人参の苦味もこのスープの決め手。

苦いと苦しい。
苦しいときこそ目標を。
「高砂屋」の粉ふき黒糖そら豆
0942-32-6341 福岡県久留米市城南町5-30

九州のお土産でもらった黒糖そら豆。
昭和初期創業の豆菓子屋さん。大量生産せずに、自動機械に頼らず手作業で仕上げる。
しかも受注生産。
P1020005.jpg

チベットの麓で栽培された青海そら豆を使い、黒糖の甘みと香ばしさの相性抜群。
一つ食べると止まらなくなるおいしさ。
P1020006.jpg

そら豆は、繭に似ている形から蚕豆とも、
サヤが空に向かって出きるので、空豆とも、天豆とも書く。

仕事柄、空を見上げるのは日課。
今日の空は一言でなんて表現しようかと。
色は?雲は?風は?香りは?

一日一日、一度だって同じ空に出会うことはない。
空を見上げて思う。そうだった、上を向いて歩くんだった。

「2段飛びは出来ないけど、一段一段昇ればいい。」
「kasahara」
創作フレンチ/西麻布
03-3498-3498 港区西麻布2-2-2

西麻布の交差点から外苑西通りを青山方面へ。肉のハナマサが入っているマンション1階一室。
中に入るとソファー、ベッド、そして何故かジャグジーまであるラグジュアリーな自宅のような空間。
オーナーの笠原さんは「本当に家のように寛いでください」と。
素材を見てその日のコースを決め、自宅のように目の前で料理を作ってもらう。
2007_1102mybday0002.jpg

サメの軟骨梅肉和え
サーモンとホタテの乗ったサラダパフェと玉ねぎのグリル
P1020035.jpg

黒毛和牛のたたき
お刺身盛り合わせ つぶ貝、さば、平ら貝
2007_1102mybday0011.jpg

金目、サーモン、蛸のしゃぶしゃぶ
豚の角煮 あっさり塩味スープ
サーロイン 一ヶ月熟成カレーとうにご飯
寛ぎ、わいわいと楽しんだのは今日の主役がみんな大好きなseikoの誕生日だから。
モンブランのバースデイケーキでお祝い!!
P1020067.jpg

悲劇も喜劇に変えられるパワーを持つ彼女は、明るく楽しく、よく人を見ている人。
また新しい道を進む彼女に心からエールを送り、またみんなで毎年お祝いしようね。
2007_1102mybday0036.jpg

お誕生日おめでとう
「AoteaRangi」
ニュージーランド/恵比寿
03-3447-1496 渋谷区恵比寿1-21-18

恵比寿東口にあるニュージーランド料理を出すお店。テラス8席とテーブル20席。
この時期テラス席はビニールに覆われている。
ニューワールドワインと呼ばれるワインが豊富。まずはMOAという黒ビールでスタート。
バーニャカウダ 温野菜をたっぷりと
牛のたたき
P1010887.jpg

牡蠣の香草パン粉焼き
P1010888.jpg

カマスのアクアパッツァ ムール貝やアサリもたっぷりと
ローズマリーやハーブをはさみ煮込む
P1010889.jpg

ラズベリーゼリーとホワイトチョコレートへーゼルナッツのムースはかなり甘~い

ニュージーランド産のミルキーな牡蠣、ムール貝はグリーンの珍しいもの。
緑色のものは初めて食べた。

山々から紅葉の便りが届き、都会の街路樹の緑が、赤や黄色に変わってきた。
紅葉はもともと葉の中にある色素が現われたもの。

普段は見えなくても、みんなちゃんと持っている。
大切なものは、すぐそばにあったりする。
P1020156.jpg



「EBISU い志井」
もつ焼き/恵比寿
03-5791-3134 渋谷区恵比寿1-21-15

恵比寿東口「前から気になる店がある」看板がなく、お茶室のような小さな扉。
頭を屈めて中に入ると、昭和レトロな大衆居酒屋のようでこじんまりしている空間が。
カウンターとテーブル席が3つ。1950年創業のい志井グループでも、日本で唯一食べられる「ずい」などを扱うホルモン焼き屋さん。
ホルモンというと男性的なイメージがあるけど、見渡すと7.8割が女性。
違うコースを注文してよいとのことで、ダンボールの切れ端で作ったメニューから
コラーゲンコースと、桜刺しコースをチョイス。
前菜 白センマイは胡麻油風味 がつ芯、こぶくろ
P1010978.jpg

桜刺しは馬刺しとたてがみを一緒に
コラーゲン寄せ 舌やこめかみが入っていてコリコリとしている
ればテキ 表面を炙ったレバーは相当美味しい
P1010982.jpg

コラーゲンスープ スプーンに乗ってるコラーゲンボールを溶かしていただく
牛の出汁とかつおのスープ
P1010986.jpg

ハラミ、コラーゲン串は豚足、ぷにゅっと柔らかい食感のずい、出来立てベーコン、たんなど
P1010995.jpg

かきまわしご飯は豆乳のおじや お味噌汁とおしんこもついている
P1010999.jpg

濃厚な杏仁豆腐

文字でメニューを表すと、珍味を食べているようだけど、とにかくパクパクいけちゃう。
栄養価も高く、お肌にも嬉しいコラーゲンなんて言われたらさらに期待しちゃう。
女性同士でも行ける秘密にしたい美味しい台所。

この日は関東に来た台風で大雨。外の嵐とは裏腹に満腹。
雨の日だって楽しむことは出来る。

「SPRAY」
ブラッセリー/中目黒
03-6415-9100 目黒区上目黒1-14-9

恵比寿Q、西麻布Aに続くSはスプレー、中目黒の目黒川沿いにある。
店内は意外と明るく、サイケ柄シャツのスタッフが笑顔で迎えてくれる。
カウンターとテーブル席。店名のスプレーは日本初のスプレー式ビアサーバーで、瞬間で冷却してくれる。
ウイスキーのチルドショットや、ワインもいろいろ揃っていて楽しい。
温野菜のサラダ
ブータンノワール
P1010976.jpg

豚レバーのテリーヌ
ハラミの塩釜焼き
P1010972.jpg

マルゲリータ
P1010974.jpg

今日のこの会はお店に関係する人など出版、ホテル、スパと他業種で会話も弾む。
そんな時はおいしい料理とおいしいお酒。
わいわいと楽しめるこんなお店がいい。
P1010977.jpg

あらゆるところに電波をたてて情報を集め、引き出しをつくること。
この仕事をするとき、先輩に一番最初に言われたこと。

知っていると知らないでは、言葉の重みが違う。

「B-SPEAK」の Pロール
由布院に旅行したけいらんのお土産。
「その日に食べなきゃいけないから、今日私に会った人はラッキーだよ」
そう、ここのロールケーキは予約するか、かなり並んで買わないといけない人気のロールケーキ。
P1010912.jpg

ふわふわなロールケーキは手作りの優しい味わい。
上質な素材を使い、かなりシンプルに仕上げている。

余計なものを削る勇気もいる。

「捨てたいものは何ですか」
「広味坊」
中華/祖師谷大蔵 ZAGAT23・15・14(2008)
03-3416-0444 世田谷区砧6-39-3

母校のある千歳烏山と祖師ヶ谷大蔵にある広味坊。料理の鉄人で五十嵐美幸さんが陳健一を破って有名になった。トークイベントでkeiちゃんが一緒に仕事をした縁で再訪。
学生時代来たお店に、美食会でくるとは不思議な気分。
他では味わえない独創的な中華と北京ダックをたべさせてくれる。
地元にあったらかなり重宝するお店で、地元客がいっぱい。
フォアグラ入り水餃子
DSC04189.jpg

海老マヨネーズは大のお気に入り
自家製の北京ダックは必見
DSC04204_20071102152143.jpg

アワビ汁入りもち米リゾットチャーハン
まさに中華の域をこえています。
P1010855.jpg

残念がながら、今は生活圏じゃなくなっていsまったけど、電車でも一本。
前より距離は近いんだなぁ。おいしい北京ダックが食べたくなったらここへくればいい。
学生時代は未来も将来もわからず、夢ばかり語ってた。
物事がうまく運ばないこともあった。

人の夢が儚いと書くなら
夢のままで終わらせなければいい。
「鳥生」
焼鳥/浜町
03-3861-3955 中央区日本橋浜町1-6-2

浜町の駅から歩いて2分ほどのところにある焼き鳥屋さん。
昔ながらのお店そのものでカウンターでもくもく煙をたてて、大将と話しながらお酒を飲む
つくね、ねぎま、レバー
P1010859.jpg

スタミナサラダ 豆腐にとろろ昆布
煮込み ここまでかってくらいとろとろになってお肉と染みわたる深い味
P1010858.jpg

P1010865.jpg

トマト巻き、チーズ肉しいたけ
サービスでシュウマイをいただいた。かなりジューシー
トマトサワーは一度飲んだらやみつきに。生トマトとジュースをミキサーにかけたものでリコピンを沢山とって、ビールよりお父さんには身体にいいかも
P1010868.jpg

すれ違うのもたいへんなほど狭いというか近い距離のこの席は、
心の距離まで縮めているよう。
二人の話は恋話。
甘い期待と、絶望の予感を行ったり、来たり。

恋愛の距離は難しいらしい。
「リストランテ ヒロ チェントロ」
イタリアン/丸ビル ZAGAT21・18・15(2008)
03-5221-8331 千代田区丸の内2ー4-1 丸ビル35階

丸ビルの35階にあるイタリアンは日本を代表するイタリアンのお店。
こちらの手違いで予約が取れていなかったにも関わらず、満席なのにすぐさま対応してくれた。オープンキッチンというか、オープン厨房がまず目に入る。ここまで見えると圧巻。
大きなガラス張りのフロアーに真っ白なテーブルと店内、東京の夜景が一望。
接客もイタリアーノのテンション高めの男性が楽しく迎えてくれ、トスカーナのワインで乾杯。

松茸と地鶏卵の温かいプディーノ
戻鰹のカルパッショ 厚みのあるカツオに香草などを乗せて
P1010804.jpg

フォアグラのローストといちじく この組み合わせはやっぱり最高
高知産徳谷フルーツトマトの冷製カッペリーニ 甘みと酸味であっさりつるっと
定番だけどやはりおいしい
P1010810.jpg

活伊勢海老のバヴェッテ 毎日小田原から新鮮なものを 
出汁の染みこんだバヴェッテはしっかり歯ごたえもありかみ締める
P1010816.jpg

黒毛和牛イチボ肉ボルペッティーノのグリル
A級ランクの牛をミンチのようにしてハンバーグに ジューシーすぎるほどの肉汁があふれる
P1010824.jpg

ソルティードッグとモンブラン仕立て

私の座った目の前は千葉側で観覧車が見えた。
8時半、ディズニーランドだろうか花火があがった。
特等席。

ロケーションも抜群で贅沢な時間。

とっておきデートプランに加えてみては!?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。