美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「HONEYS GARDEN TOKYO」
ビアガーデン/六本木
03-5770-8800

夏らしいことをしようと、みんなでビアガーデンへ行こう計画。
ビアガーデンは大の苦手…実はすごーい蚊に刺されやすい。3分歩いても、電車の中でも、誰もさされてなくてもすぐに刺されちゃう。というわけで、神宮に行く計画を阻止し、ここなら大丈夫だろうと来たのは大都会のワイナリーリゾートイルボッロ。
8月いっぱいはテラス席を開放して、ワイン&ビアガーデンを開催。
いろいろな種類のそろっているドリンクを飲み放題。ラグジュアリーなリゾート気分で。
P1000176.jpg

P1000175.jpg

スポンサーサイト
「ポーターハウス ステークス」
ステーキ/西麻布
03-5771-5788 港区西麻布1-15-4

フラガール8月の誕生日会は兄の働いているステーキ屋さんで29歳は肉ニク三昧!
芸能人や外国人も多く来るというこのお店はモダンでシックな店内で暗めの照明。
1階に厨房とテーブル席、地下にもソファー席とテーブル席。
今回はキッチンに近いフロアーで貸切状態。
シャンパンで乾杯してスタートし、ソムリエでもある店長さんがお皿ごとにワインを注いでくれる。

前菜 ピンチョス、生ハムクリームチーズ、フォアグラのテリーヌ
サラダとホタテ・アワビのカルパッチョ
トマトを丸ごとつかったスープ クスクスゼリーと
厚み3センチはあるここのお肉はドライエイジドビーフ。厳選された国産牛を40日間寝かせお肉本来の旨みを引き出し、表面をグリルし釜で焼き、塩とハーブを添えて。
そして、いろいろな塩や特製ソースで。
ボリュームがあっても、おいしくて女性でも意外とペロッと食べちゃうとか。

兄が作ったデザートプレートのテーマは「フラガール」
DSC01638.jpg

お肉をたっぷりたべて大満足!
29歳になってさらに輝く3人におめでとう!
「鳥政」
焼鳥/表参道 24・13・16 ZAGAT(2007)
03-3405-4515 港区南青山3-13-2

青山通りから入ってすぐ表参道とは思えない下町風の焼鳥屋は大きくてボリューム満点。
カウンター、テーブル、小上がりで30席ほど。
寿司ケースに並べられたお肉を見ているだけであれもこれも注文をしたくなるし、実はちょっと変わった一品物もそれぞれおいしいのではずせない。
半コースで十分満腹になる。
さび焼き わさびをちょっとつけたササミは表面をあぶるくらい
CIMG1291.jpg

血肝 半生でぷりぷりしてるレバーは新鮮じゃないとね
CIMG1292.jpg

しそ巻きほんわり香るしそがいい
CIMG1297.jpg

ももはボリューム抜群肉厚ジューシー
ネギ巻き かなり大きなネギを鶏肉で巻いているのはめずらしい
CIMG1303.jpg

つくねの形は大雑把だが、こりこりと口ではじける
そのほかにもサバのこぶ締めやとりわさピータンを堪能
繁盛ゆえにぎゅうぎゅうに肩を寄せ合い頂く焼鳥はそれだけで楽しい

そのあとカシータで誕生日&シャンパン
オーナーの高橋さんの計らいで、なんといつもは行けない厨房へ。
料理スタッフは手を止めて全員でハッピーバースデイソング。
「記念に残る、人とは違うことをしたかったんです」
CIMG1310.jpg

最高のカシータのおもてなしがここでも。

上手な客が店を育て、いい店がいい客を育てる。
「恩波亭」
フレンチ/葉山
046-876-2500 三浦郡葉山町堀内50-2

葉山マリーナのレストラン2階に今年夏オープンしたのは葉山の名店恩波亭。
老舗の味が帰ってきたということでファンが喜んでいるそう。
CIMG1212.jpg

マリーナという立地に、今までとは違う世代のお客さんも気軽に来れるようになったとか。
相模湾で取れた魚介と三浦半島の野菜で作るお皿はすべて新鮮そのもの。
海の幸のカルパッチョ 色とりどりな野菜と魚とフルーツと。
CIMG1218.jpg

アカハタのソテー リゾットの上に
CIMG1216.jpg

牛ヒレ肉は三浦の大根、ジャガイモ、とうもろこしとともに
CIMG1220.jpg

デザートの盛り合わせ
CIMG1225.jpg

どのお皿も、どこが正面になってもいいほど立体的で鮮やか。
見た目もすごく楽しい。

正面ばかり鏡を見ていると思わぬ落とし穴が。
慌てているとファンデーションもムラになっているところがあったり。
ショッピングウィンドウに映る自分にはっとしたり。

斜めから、上から、下から、背中もチェック。

後ろ姿は綺麗ですか?
「ライ麦パン」
日本で黒いパンといえば、黒糖パン。
ヨーロッパではライ麦パン。
ライ麦の香りを生かすため、バターではなくショートニングを。
ライ麦はこねても、ぼこぼこしているのでこねあがりの「見極め」が難しい。
いつものつるんとした表面ではない。
こねすぎて乾燥させるとうまく仕上がらない。
CIMG1192.jpg

ある人が言った
「聞き手の失敗は、伝えての失敗」

伝えたと思っていても、十話して、三しか理解できない人も、二十理解する人もいる。

「それを見極めるのが伝えての役割」
「銀座 佐藤養助」
うどん/銀座
03-6215-6211 中央区銀座6-4-17 

天ぷらや寿司など、路地裏にも小さな名店が多く集まる銀座6丁目。
147年の職人技を伝える稲庭うどん。
このお店は壁面にウォータースクリーンがあって涼しくスタイリッシュ。
CIMG1282.jpg

きりたんぽや比内地鶏もあるけど猛暑のこの時期には冷たいものをつるっと。
肉みそうどんを注文。
CIMG1281.jpg

天ぷらせいろや、タイカレーの付け麺も人気のよう。
かなり細麺のうどんなのに、しっかりコシがありつるりと喉を通る。
CIMG1280.jpg

それにしても暑い。
日本は世界はどうなってしまったんだろう。
環境が破壊されている。

もっと地球のことを考えよう。今出来ることから始めよう。
「今の頑張り未来のために。」
「テナム」
韓国/六本木
03-5413-7797 ミッドタウンガレリア2階

ミッドタウンにある韓国料理店は、テーブル席と小上がり席が60ほど。
「薬食同源」の考えに基づいて、化学調味料や添加物を使用せず、あわせ調味料の薬念(ヤンニョム)を使い分ける。宮廷料理と家庭料理を組み合わせた独自の料理は体によいおいしいものを。
テナムコース
食前粥 胃に粘膜を作りコースをスタート
箸休めはカクテキ、大豆、らっきょのキムチ
どんぐりの寒天となす
P1000146.jpg

フルーツトマトサラダ
九節板クジョルパンは宮廷料理 クレープのような生地にささみ、エビ野菜を包んで
牛肉のサンジョク キュウイが消化を助けるそう
P1000161.jpg

銀むつの煮込み チゲ風だった
P1000160.jpg

五味のドリンクや実を頂く
甘い、酸っぱい、苦い、しょっぱい、旨みが五味。
料理の基本となるこの5つをキャッチし、理解するのが大切だってガストロノミーも言ってたな。

テレビや雑誌でも活躍するチョ・カムヨンさんは御歳71歳でオーナー。
元気ではつらつとしている笑顔の素敵な人。
「体にいいものを美味しく食べるのが韓国料理。チャングムの世界じゃないけど、美味しくないものを宮廷で出したら殺されていたのよ。おいしくないものは身体にいいって言ってもだめよ。」


それが、美しさに繋がるなら「美食同源」なのかもしれない。
「こんや」
和食/広尾
03-5423-5820 渋谷区恵比寿2-22-10

7月、8月のNOS誕生日会
広尾5丁目の交差点の近く「バルカ」を過ぎて、壁にドアがペタリとはりついたような引き戸。
スナックのようだが
思い切ってあけると民家のようなお店が。
ここは「賛否両論」「なすび亭」「オステリア・ルッカ」「タツヤカワゴエ」有名店4人の仲良しな主人が仕事を終えて気軽に食べられるお店がほしいと開いたお店。
基本はまかない料理ということで、安くておいしいご飯が食べられる。
なんといってもプロの味。

ししゃも揚げ
じゃがいも、にんじんなど温野菜 バーニャカウダソース
かつお、鯛のお刺身
カブ・茄子・フルーツトマトのサラダ あっさり暑い日にもぴったり
CIMG1154.jpg

鯵の香草パン粉焼き
つくね、もも肉・砂肝のみぞれ和え
「こんなに優しいつくね食べたのはじめて~!」と主役のkeiko。
CIMG1158.jpg

鰻、茄子、揚げだし豆腐わかめのあんかけ 心を包むようなほっとする味
鰻お茶漬け
CIMG1176.jpg

沢庵の燻製マスカルポーネチーズ、クリームチーズに塩辛など酒の肴も和と伊が融合したような料理たちに舌鼓。

広尾の名店「ラ・プレシューズ」のケーキでハッピーバースデイ☆
CIMG1170.jpg


今夜は「こんや」で夏男と夏女に乾杯!!
「カフェ デイジー」
デンマーク/乃木坂 ZAGAT18・19・18(2007)
03-5411-0253 港区六本木7-3-22

六本木と乃木坂を結ぶ星条旗通りから一本入った、国立新美術館に近い場所にある。レンガの壁や白と木をふんだんに使った内装は北欧風インテリアでポップなポスターなどもおしゃれでかわいい。女の子同士やちょっとしたパーティーにも使えそう。テラス席があって、昼間は太陽の光がさらに店内を明るくする。
デンマーク料理は都内ではめずらしい。近隣国であるフランス、ドイツ、ロシアの影響を受けて独自に発達したそうだ。
サーモンマリネやニシンの酢漬けなど魚や野菜が中心に。
卵料理もいろいろとある。それをロイヤル・コペンハーゲンの食器でいただくぬくもりある一時を。
CIMG1143.jpg

まずは手作り無添加パン。料理にあるような、酸味塩味強し。
レーズンやハーブが入っているものから、黒パンもある。
ディニッシュマフィンのオープンサンド フライドエッグとベーコンアスパラガス
付け合せのジャガイモもおいしい。
CIMG1142.jpg

デンマークにはHygge(ヒュッゲ)という言葉があるそうだ。
ゆったりとぬくもりに満ちた時間。心地よさというような意味で日本語ではなかなか置き換える言葉がない。スローライフに近いだろうか。

スローライフは別にゆったりとした生活を送るわけではない。
自分の価値観やこだわりを大切に思うことや自然を大切に考えることだったりする。
無添加の石鹸とか、ずっと使っている家具とか、オーガニックフードとか、地産地消とか。
あくせく忙しい毎日の中で、オアシス的な時間や場所や暮らし方をすればいい。

「自分なりのHyggeを見出す」
「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」
イタリアン/新富町 ZAGAT25・15・19(2007)
03-3567-5656 中央区銀座1-21-2

「予約の取れない店」と相変わらず浮動人気のイタリアン。
今回はromiちゃんの誕生日会ということもあって2ヶ月前から予約。
このあたりの地理に詳しくない私たちは昭和通りから入ってぐるぐると回りたどりつく。
そういえば、山岸食堂へ行ったときも迷ったっけ?
ガラス張りの厨房を目一杯に配置されたテーブル席。
親切なスタッフの人数がやたらと多いが、それだけ活気があり、店全体がいきいきしている。
前菜・パスタ・メインを一つづつ選ぶプリフィクスコース。
メニューの種類が多く、それを決めるのも一苦労。
みんなで違うものをセレクトし、シャンパンで乾杯!

穴子のグリル、チーズ卵グラタン、鶏白レバーのテリーヌ
CIMG1111.jpg

今日のおすすめはサバのマリネ バルサミコソース。かなり新鮮でおいしい。
CIMG1116.jpg

野菜と白胡麻のアーリオオーリオ、カラスミのパスタ、燻製サーモンのクリームパスタ、ウニのパスタ
かにと水菜のアーリオオーリオ
CIMG1120.jpg

パスタの一つ一つボリュームがあり、結構この時点でお腹がいっぱいになってくる
地鶏のグリル、イサキのソテー、鶏のチーズパン粉焼き、ホロホロ鶏のグリルバルサミコソース 牛肉のグリル
CIMG1126.jpg

全部違うお皿、全てがおいしく感動。ボリュームもあって、コストパフォーマンスもよいとなれば、人気があるのも当然!
デザートもそれぞれ、プリン、ガトーショコラ、ティラミスなど
私は、オレンジのタルトをチョイス
CIMG1136.jpg

グラナータの料理長もした落合シェフ。
もともとフランス料理を志して渡仏した際、帰りに何気なくよったローマでイタリアンと出会い、このおいしさを伝えたいとイタリアンブームの立役者となった人だ。

今日の主役もイタリア好き。
さらに女っぷりに磨きをかけて、イタリア人のような情熱的な恋をしてください☆
お誕生日おめでとう!
「山利喜」
煮込み/森下 ZAGAT24・14・8(2007)
03-3633-1638 江東区森下2-18-8

モツ煮込みが有名な創業80年の老舗の大衆酒場。
森下交差点にあるここは、いつ来ても混んでいる。3回目の再訪だが、今回も並んで席を待つ。
1階はカウンターと小さなテーブル。
2階はテーブル席と小上がりでこちらのほうがゆったり座れる。

とりあえずビールと、とりあえず煮込みを注文。
やきとんや野菜、アジフライと堪能。
CIMG1098.jpg

卵入りモツ煮込みは本当に絶品。
フレンチで修行したシェフが香草類やワインで煮込み、
ガーリックトーストを汁に浸しながら食べる人が多い。

鍋にも染込んでいる深い味わいは、歴史となって人々を魅了する。
並んでも食べたいそれは、朝から丹念に作られ営業時間より仕込み時間のほうが長いとか。
天晴れ!
CIMG1092.jpg

歴史あるもの、作り手の思いのこもったものに出会うと思う。

「レストランには人生が凝縮されている」
「グリッシーニ」
イタリアのパンはナポレオンも愛したというナポリの小棒。
リーンな生地なので乾燥しないように早めに捏ねる。
けしの実とチーズの香りをいかすため、バターではなくショートニングを。
グリッシーニやフォカッチャなどイタリアのパンは2次発酵をさせず固めの仕上がり。
省略させるのはイタリア人の気質か?
CIMG1062.jpg

そういえば、ブランマンジェとパンナコッタの違いは泡立てたクリームをあとから入れるか、同時に入れるかの違いだった。
手間をかけるか、かけないか。
でも、どちらも好きなので、それぞれいいところがあるとしよう。
「IL Giotto」
イタリアン/駒沢 23・17・19 ZAGAT2007
03-3412-2547 世田谷区駒沢4-11-12

駒沢公園近くにあるお店はイタリアボローニャ地方で修行したシェフが手がける。
オープンキッチンを中心に細長い店内はウッドベースのナチュラルでカジュアルに楽しめるぬくもりのある空間。
旬の食材を使ってその日のメニューを決める手打ちパスタがおいしいお店。
大きなキッチンではないけど、中に3人も4人もいて、忙しそうに手を動かしている。
メニューはアラカルトのみ。
マダムがメニューをパスタの種類から、魚はスープにするか、ホイル焼きにするか、こんな具が入って、こんな調理をして。と丁寧に教えてくれ組み立ての提案をしてくれる。

有機野菜と水牛のモッツァレラ 野菜が新鮮でシャキシャキ。濃厚なチーズがプラス。
CIMG1048.jpg

ホタテとアーティチョークリゾット 
魚介の旨みがぎゅっと出たそれは、一口食べておいしいと思える
CIMG1050.jpg

牛肉のラグーソースフィットチーネ もちもち噛み応えありのしっかり麺にソースがきちんと絡まる
CIMG1052.jpg

真鯛のアクアパッツァ 塩ベースで作ってもらった
CIMG1053.jpg

素材がストレートで生きているあったかい味。
アットホームでぬくもりのある料理は家族で作り上げているからだろうか。

家族で作り、家族が集う。
この日も10人ぐらいの家族がおばあさまの誕生日会をしていた。
孫からのプレゼントとおいしい料理に感動していた。
微笑ましい風景に、当たり前にある幸せをかみ締めながら、家族って温かいよな。と。
私も近所にこのお店があったら通うだろうなと。

「日常にある何でもない1コマを贅沢に思う」
「千花」
洋食/関内
045-228-3179 横浜市中区相生町4-69-4

1992年から葉山に創業。葉山で圧倒的な支持を受けていたお店が2年前に関内に。
ローストビーフと地魚料理のお店。
葉山のときは毎日漁港へ行き魚を仕入れ、そこで繋がった漁師さんから今は直接届けてもらっているというだけあって、魚の鮮度は抜群。
お肉は厳選された国産和牛を。
付け合せやドレッシングまで化学調味料を使わず手作り、安心なものを。

一番人気のローストビーフは醤油ダレとわさびで
CIMG1055.jpg

濃厚でジューシーなそれは、香りもよく旨みが口の中に広がる。
さっぱりとしたタレが軽快さを与えてくれる。
今までローストビーフっておいしいと思ったことなかったけど、
すっごいおいしいものなんだ。って初めて知った。
CIMG1057.jpg

シチューや燻製、コロッケすべて一度食べるとファンになるという。
「本当においしいものしか出したくないんです。だからいろいろとこだわっちゃうんですよね。お客さんにこの値段でこの内容は安いって言われます。」とご主人。
「本当はのんびりとやりたいんですけどね」と店の名前にもなっている奥様。
素材、料理とこだわり抜いた夫婦が身体に優しく、おいしいを実感させてくれる。

いつでも真剣勝負。一日一日何年も。
積み重ねるおいしいの日々を学ぶ。

「腰は低く、志は高く」
「オレキス」
フレンチ/白金高輪
03-5818-8311 港区白金2-3-3 カームコート白金高輪1階

西麻布のジョージアンクラブの春藤氏の仕掛けたここは「男が格好つけられる店」として上質にこだわって大人のための秘密基地。
そんなところに女の子だけで潜入。
濃紺の基本色にかなり照明を落とし、テーブルの上を浮かび上がらせる。
大きなミラーが空間を広げ、テーブル間隔はゆったりと、半個室もあったり、ベンチシートがあったり調度品にもこだわっている。
オレキスはギリシャ語で「欲求」や「食欲」を意味する。
空間、サービス、ワイン、そして料理などその道のプロに任せ、それをすべてを計算しているという。

アミューズ
夏野菜のテリーヌ 中トロリゾット
CIMG0540.jpg

フォアグラのコンフィー
CIMG0543.jpg

イサキのソテー
白金豚 エリンギやジャガイモを添えて
子牛のグリル

外国人カップルも多いこのお店は、スタッフも黒づくめ。
かなりトーンもライトも低い。女性をきれいに魅せる照明ということだったが、これは暗すぎて、華やかな衣裳などはみえない。

う~んと格好つけて、うんと口説きたい女性を連れて行ってください。
きっと彼女しか見えません。彼女の視線も独占できます。

「思いは瞳」に宿る
「ピザパン」
ピザパン作り。
最近はピザソースがあるから楽ちんだな~。
自分のペースで自分の好きな具をのせたい。
何も考えずにパンをこねて癒しの時間。

「成果や結果を期待しない趣味を持つ」
「フォンベト」
ベトナム/新宿
03-5337-8590 新宿区歌舞伎町1-23-5杉山ビル5階

歌舞伎町一番街入ってすぐのビル5階。中に入ると意外と広く70席もあるので大人数も対応してくれる。
お店に入るとパクチーのの独特な香りが身を包み、ベトナムの家具や絵画でさらに気分を盛り上げてくれる。
もともとベトナム料理店の先駆けで中野にお店を開いたところ。
3150円のコースでもたっぷり。
海老と豚の生春巻き
CIMG0514.jpg

パパイヤのサラダ
空心菜の炒め物
CIMG0518.jpg

牛肉レモンソース炒め 野菜に巻いて食べてあっさりと
蒸し春巻き こういうもっちり感はすき
鶏肉のフォー
CIMG0525.jpg

デザート 
野菜と香草たっぷりの料理に大満足
タイ料理と違ってベトナム料理は甘い印象。アーモンドやピーナッツを使うからかな。
フランスの植民地だったここは食文化も進んでいる。
ベトナムは一度は行ってみたい場所のひとつだけどなかなかいけないので

「レストランで世界を旅する」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。