美食家りえ日記
人が好き、おいしいご飯大好き!仕事でもプライベートでも人と出会うこと、おいしいものを食べる事が多い私。特別な人と特別な空間で特別な料理を食べた時間を記憶に残したくて。今日はどんな一皿と出会えるかな?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ポットパイ」
クラムチャウダーポットパイ、鯛のグリル、温野菜と。チョコレートフォンデュ
寒い冬はあったかスープが飲みたくなる。
P1020664.jpg

とろとろのスープを作ってパイ生地を載せて焼き上げる。
さくさくのパイを崩してスープと絡めて食べる幸せ。もったいなけど、これが楽しい。
P1020667.jpg

幸せは、誰かに求めるものではなく、
与えられるでもなく、自分の心の中に。

幸せの玉手箱を開けよう。

スポンサーサイト
「キャーヴ ひらまつ」
フレンチ/西麻布
03-5766-6880 港区西麻布4-3-7

西麻布と広尾の中間あたりで、アパホテルの一本通りを入ったところにある4階建ての一軒家レストランは、結婚式場がメインだったレゼルブから2007、6月に名前もコンセプトも新たに。
階段を上がって2階のレセプションルームへ行き、3階に上がってお食事を。
ミシュラン1つ星のお店は、高級とカジュアルの間で、白いクロスに籐の椅子は型苦しくなく、優しい印象。
さすがにクリスマス時期はカップルでいっぱい。
サーモンマリネのジュレ ハーブのクーリサーモンゼリーと
フォアグラのソテー 洋ナシのリゾット トリュフ風味 甘くてコクがある
真鯛のロースト 季節の野菜とポタージュスープ
P1020827.jpg

あっさりとしたジャガイモスープのよう
鹿ロース肉と金柑のコンポート
P1020832.jpg

ベリーとフロマージュブランのデュオ 苺のマセレ、ヨーグルトシャーベット
おいしいワインと楽しい食事にかなり酔ってしまった。

計算された配分、時間のサービスは、やはりウエディングもやっているからか慣れているのかもしれない。
限られた時間の中で自分にできることを考える。
相手を引き出すためにはどうしたらいいのだろうと。

心地よい会話の3種の神器は
「聞き上手」「褒め上手」「喜び上手」

「箱根ハイランドホテル」
箱根/ホテル
0460-84-8541 足柄下郡箱根町仙石原品の木940

開業50年のホテルは男爵の別荘をホテルに改築したもので、この春温泉棟をオープンしたばかり。
庭園をぐるっと囲むようにホテル、コテージ、温泉浴場があり、目の前には山々、森に、緑に包まれるリゾートホテル。
近くには、ガラスの森や大好きな、星の王子さまミュージアムがあって便利。
P1020766.jpg

レストラン「ラフォーレ」はトロワグロなどで修行した山上眞料理長のフレンチジャポネを楽しめる。
箱根ならではの食材を使い、調理方法にも徹底的にこだわりを。
厚岸産牡蠣の温製 お米を砕いたソースがつぶつぶしていて雪のよう
三陸産帆立貝とセロリラブのサラダ仕立て
P1020733.jpg

御殿場地鶏と茸のコンソメ トリュフの香り
P1020735.jpg

沼津港金時鯛のソテー
オーストラリア産仔牛フィレ
北海道仔羊 薪で焼き上げるものは珍しく、ふくよかな香りで旨みは閉じ込める
P1020746.jpg

ホテル特製のクリスマスデザートはロールケーキなど見た目も素敵 イルミネーションともぴったり。
P1020753.jpg

全面窓ガラスの外にはクリスマスイルミネーション。
都会の喧騒から逃れゆっくり、ゆったりとした時間が流れる。
この時期ならではの慌しいサービスも、ここはなく優雅なときを。

お腹が満たされたあとは、ラウンジでもう一杯!?
それとも温泉に入って心を和らげるのも心地がよい。
満室、満席とはいえ、限られた人数で空間にも時間にもサービスにも
そして何より心にゆとりがある。
このゆとりこそが、最高のおもてなし。

「いい街には、いいレストランがある」



「ロウ ホウ トイ」
中華/広尾 ZAGAT24・11・15(2008)
03-3449-8899 渋谷区恵比寿3-48-1

なかなか予約困難な白金「ロウフウフォン」の支店。こちらは焼き物と点心が中心の香港家庭料理。
恵比寿三丁目交差点近くで、「シェ・トモ」なども近くにある。
お店に入ってすぐ厨房が右側にあり、10人以上の入れる大部屋の横を通り階段を上がる。
お任せコースを注文。メニューで気になるものがあれば、コースの中に入れてくれるらしい。
香港から来た点心師がつくるお皿はいかなるものか。

前菜3品
3時間煮込んだスープ 杏仁の実、クラゲ、豚肉などの中華スープはお昼から煮込んでいるから3時間以上だとか
五目蒸し餃子 特製ピリ辛ソースをつけて。いろんな具が口の中ではじける
大根餅とえび餃子
P1020699.jpg

伊達鶏の香味揚げ
牡蠣とネギのオイスターソース炒め
P1020706.jpg

豆苗 カイワレのようなよくある細いのではなく、青菜のおうに太め。
中華高菜と鶏肉のチャーハン「中国の紅茶です。」と出された香りの良いお茶も一緒に
P1020711.jpg

きなこの胡麻だんご マンゴープリン、杏仁豆腐 苦いお茶と一緒に。

素朴なんだけど、一口食べて美味しいと言える一味違う味付けに、わざわざ行く価値あり。
ロウホウトイとは「食いしん坊のテーブル」という意味なんだそう。
まさに私のためにあるような言葉。
食べすぎとか、こだわりすぎとか言われるけど(笑)
やっぱり美味しいものは、人を幸せにするじゃない。

「食べる」という字は人を良くすると書く。
いっぱい食べて、良き人に。
「三宿 夢吟坊」
うどん/三宿・渋谷
03-5458-5970 渋谷区道玄坂1-12-3

ボリュームあるかき揚とコシのあるうどんが有名。
三宿・渋谷・東銀座などにお店があり、三宿は深夜4時まで営業しているということもあって、飲んだあとに行く人も多い。
京風さっぱりうどんはランチもおすすめ。
ミニうどんとミニ天丼ランチ+おひたし
CIMG8739.jpg

薄く上品なおつゆにしっかりもちもちの太麺。
小麦の味が口いっぱいに広がる
CIMG8741.jpg

夢を吟ずる。

夢や目標があるとき必要なのは信念。
信念とは信じる力と念じる心。

新年は信念を持って。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。